読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしさはやさしさ

社会人になりました

最近のブーム(2017年1月)

最近気付いたのですが、どうも私はブーム性の人間のようです。いろいろ興味のあることは常にあるものの、実際ぱっとそれに取り組むかと言われるとそうでもない。時期がくれば何かにドはまりして、気がつけば急に落ち着く、そして別のブームが気づかぬうちに始まっている→以降繰り返し、を繰り返していることに気がついたのは社会人になってから。ただ、厄介なのが「ハマっている」自覚がなくて気がつくとそっちによっていっている、ということです。端から見てたら何にハマってるかすぐ分かるんだろうな…恥ずかしいな…!

そんな私ですが、最近のハマりごとは2つ、「ファッション」「ドラクエ」です。
ドラクエは、年末のNHKスペシャルドラクエ開発秘話を見たのがきっかけ。今までの人生でドラクエをプレイしたことはなかったものの、作っている人たちの話とか、プレイしている人たちの会話が「分かる人」感がありうらやましくなりました。ちょうど帰省していたのでDSもすぐに手に入り、ブックオフドラクエVを買いました。とはいえもともとゲーム体質ではないので、「週末に1日1時間くらいプレイする」ルールくらいでちょうど良く、まだボスも2人しか倒していません。ガンガンいこうぜ、じゃなかった、まったりいこうぜ、くらいのテンションです。プレイしていてうまく進めなくてもググらないように、というのがググり体質の私に一番辛いマイルールかもしれません。RPGにハマる人が何にどうハマるのか知りたいな~と思ったドラクエなのに、スピンオフ(?)の勇者ヨシヒコをAmazonプライムで見るのにハマっていたりもします。こっちはそろそろ1クール見終わるぞ…しょうもないぞわたし…
もう一つのブーム、ファッションについては、「おしゃれはどこまで言語化できるのか」がサブテーマになっています。わたしはどちらかというと物欲がないタイプなので、自分が身につけたいと思える物に出会って手に入れればそれでハッピー。ただ、世の中にはそれとまた違った買い物・ファッションを楽しむ人がいることに最近気がつきました。親戚のおばちゃんお姉さんがエルメスのカバンの話で盛り上がっており(そもそもエルメスということを知らないくらい疎くて話に入れない)、「もしかしてこちらの世界にもある程度教養的なモノがある…?!」と思ったのがきっかけ。周りにブランド物買ったりそれをアピールしてくる人があまりいないまま大人になってしまい、ブランドのロゴや名前、包含しているイメージや対象層が分からずにいます。それで困った経験は今のところないのですが、「教養として」そちらの世界の人は何をどう見ているのか知りたく、本を読んだり、そこで出てきた固有名詞をググって勉強したりしています。先週末はプラダを着た悪魔を見て、「ブランドめっちゃ出てくる半分くらい分からんスゲー!」と思いながら「わたしは社会人として日々何をしているのか」とアンディの気持ちを自分にかぶせたりしていました。まあアンディと違って、夢を思い出させてくれる彼氏はいないんだがな!
などなどブームの話をしているのですがブームはいつか終わるのでブームなのです。次はまた語学とかが来るのかな~我ながら楽しみだ。