おいしさはやさしさ

旅行の日記とか独り言です

2019年2月の日記

徒然なるままに書きます。

本を読んでいる

最近、「いつでもこの家を出られるようになりたい」という思いが強く、メルカリで不要なものを売るのにハマっている。めちゃめちゃ家に本があるので、少しずつ本を売っており、その一環でそもそもまだ読んでいない本を読まねば…と積ん読を読み進めています。向田邦子「女の人差し指」、星野道夫旅をする木」、吉田篤弘「レインコートを着た犬」など、短編集を粛々と読んでます。途中まで読んでいたものもあるし、そもそもほぼ読んでいなかったものもあるし、読んだはずなのに記憶がないものもあります。どの本も、一度はうちに迎え入れたのに手放すのが少し寂しい気もしますが、もっとかわいがってもらえる場所に行けるならそれがモノの人生(?)としては本望なのだろうと思って気持ちを押し切ってます。なおこれを「授かり効果」というらしい。こんまりブームがアメリカに来ているとかなんとか、都会に暮らすと日頃刺激が多い分、家の中はすっきりさせたくなるよね…

メルカリ経済圏を思い知っている

ということでメルカリ売上金がちょくちょくたまり、それを使ってメルカリ内で買い物をする…というメルカリ経済圏にハマっています。いままではアマゾンで中古の本を探して買っていましたが、今はまずメルカリを探してしまう。あと、Kindleは手軽だし本を安く手に入れらるというメリットを感じていたのですが、「売ったあとにそれを売れる」ということをメリットだとすると、本をモノとして買うことが増えたような感覚があります。メルカリに限らず、モノを買ったときに「いつか売るかもしれない」と箱を極力おいておいたり、買ったものはどうせ売れる、という考えで高値で買ってもそのまま高値で売ることができるとなると購買体験が少しずつ変わっていくような気がします。資本主義の社会でもまだまだ変化はあるのか…など思ってしまって面白い。

毎年2月あたりはブログの投稿数が増えていて我ながら興味深い現象ですね。寒さで家に引きこもる反動なのだろうか。などなど思いながら春を待望しております、ごきげんよう

スペイン・モロッコ旅行⑤グエル公園

今回の旅行では「本場のクリスマスを楽しむぞ!!」と思ったものの、本場のクリスマスは家族で過ごす日ということでクリスマスはどこもあいてない&私に残されたバルセロナ滞在はあと2日=駆け足で1日中観光していました。あとでiPhone歩数計を確認したところ、1日で37,000歩歩いていたようです。そりゃ疲れるわけだ…

Day3

グエル公園→カサ・ビセンス→ボケリア市場→サグラダファミリア→グラシア通り→ゴシック地域→サクラダファミリア

グエル公園

グエル公園は事前に入場チケットがオンライン購入できます&人気観光地なので事前購入がおすすめです。(予約はこちらから)今回わたしは前日に予約しましたが、チケットが売り切れている様子はなく普通に購入できました。予約の混雑状況をホームページで確認できるのですが、日中はかなり混んでいるようです。

グエル公園は無料入場時間があり、早朝であれば無料で入れるそうです。ただ、バルセロナは冬の日の出が遅く、だいたい8時半ごろやっと街が明るくなってきます。グエル公園の開演時間は8時半なので、それよりも前に市内から離れた公園に行くのは寒さもあってあまりおすすめしません…

グエル公園自体はバルセロナの端にあり(だから住宅地としては売れずに公園となったわけですが…)、カタルーニャ広場からはメトロで向かいます。こちらの記事を参考に、私はLesseps駅から徒歩で公園に向かいました。

宿は朝ごはんがついていなかったので、駅から公園の道中にあるカフェで朝ごはんを食べました。

f:id:puch0o:20190212000453j:plain

朝ごはん。カフェ・コン・レチェ イ クロワッサン デビュー!

その後、GoogleMapに従って公園に向かったところ公園のゴルゴタの丘側から入ることになりました。高台にあるだけあって、朝日を浴びるバルセロナはとてもきれいでした。

f:id:puch0o:20190212000431j:plain

ゴルゴタの丘

入場時間になったため有料エリアに向かったところ、最短ルートは工事中で使えず遠回りすることになり焦りました(;;)公園で犬を散歩させる地元の方々とすれ違いつつ、テラス側から入場しました。

入場の際は、ネットで予約すると送られてくるQRコードスマホ画面で係員の人に見せるだけでOKです。

f:id:puch0o:20190212000438j:plain

朝日を浴びるバルセロナ

グエル公園の景色を見て私が思い出す幼少期の思い出があります。関西で生まれ育った私は、時々家族で遊びに行ったり小学校の遠足で行った「キッズプラザ大阪」という施設が大好きで、そこに通ったおかげで今の科学への興味だとかが養われたと思っています。その中にある吹き抜けの公園エリアが「グエル公園に似ている」と聞いたことがあり、ここに来ることをずっと楽しみにしていました。普段はこんな思い出を思い出すこともないのですが、グエル公園に行くことを決めてから、当時の楽しかった思い出が意識にのぼり、一人でずっとワクワクしていました。

f:id:puch0o:20190212000427j:plain

映える(バエル)公園

実際に訪れたグエル公園はどこをとってもカラフルで、タイルも乱雑なようですごく計算されて割り貼られた様子が見られてわざわざ暗い中を登ってきたかいがありました・・・! メインゲート入ってすぐの門番の小屋が可愛くてときめいていました。すごく可愛い建物なのに、中で「The Failure of Park Guel」なんて映像を放映していて笑ってしまった。今回訪問したタイミング(2018年12月末)は工事真っ最中でテラスが半分しか空いていなかったのが少し残念。またリベンジしたいです。

f:id:puch0o:20190212000459j:plain

公園のマークからかわいい

グエル公園を満喫したあとはそのまま坂を下り、バスに乗ってカサ・ビセンスへ。次回に続く。

 

 

季節の移り変わりを花で感じたい

子供の頃はニュータウンに住んでおり、家の裏に山があったので季節を自然で感じる機会が多かった。土日の夕方に意味もなく父親と弟の3人で散歩に行ったのをふと思い出す。春になるとノアザミで手を切り痛い思いをして、夏になれば庭にはびこるツルニチニチソウをちぎっては手が痒くなり、秋になったらススキの花を見て、冬は全ての植物が茶色くなるのを見て季節を感じていた。

親が比較的植物好きだったこともあり、当時住んでいた一軒家の庭にもいろんな植物があった。白梅、紅梅、桜、紫陽花、柊(庭に勝手にオシロイバナのタネを撒き散らして花壇の一区画をオシロイバナまみれにしたこともあった)。冬になるとサボテンなどの多肉植物を屋内に避難させるので、一緒に部屋に入ってきたカメムシが靴の中に入ってしまい匂いに悶えた日も少なくなかった。

一軒家から引っ越してマンション暮らしになっても、母が食用植物を育てたりするなど近くに植物はあったが、以前より花を目にすることはなくなった。東京で一人暮らしを始めると、生活圏内では街路樹以外に植物を目にする機会はなくなった。会社勤めをはじめてから、太陽が沈むのを目で見る機会も少なくなった。

幼少期の自分が当たり前に感じていた季節の変化を、暑さ寒さとカレンダーの数字でしか感じられなくなる、そんな暮らしのギャップが怖くて、少しでも自然に近づこうと、花屋を見かけたら花を買うことを社会人1年目は心がけていた。でも、花を買ったらあとはほったらかし、気がつけば花がしおれて花瓶の水が濁っているので生ゴミと一緒にポイ。花を選ぶ時もとりあえず「季節の花束」を買っていた。花に向ける心の余裕もなくなり、いつしか花屋があっても花を買わなくなってしまっていた。

2019年、生活を大切にしようと一念発起して早く家に帰るように心がけている。早く家に帰ると、家に滞在する時間が長くなり、空間を快適なモノにしたいという欲が生まれる。その思いで花屋を目にすると一輪挿しの花があるのに気がついた。好きな匂いの花にしてみよう、と匂いを嗅いで選んだのはスイートピー。ちょっとくどいキャンディーのような甘い匂い。ほのかなピンクと紫、青のグラデーションの花を連れて帰った。定期的に水を変えてあげると2週間ほど花は咲き続けてくれて、ちゃんとお世話することに意味を見出せるようになった。

今日も晩ご飯の材料を買いに出かけたついでに花屋を見かけたので花を買った。ヒヤシンスと椿を天秤にかけ、この冬一番くらいの寒い日に買うなら椿、と思い連れ帰ってきた。茶道部の頃は「少し先の季節の花を先取りするのが粋」と聞いた気もするけれど、わたしは今を感じて生きていきたいので寒い日には寒さを感じられるものを。うちには椿のしっかりした木を支えられる花瓶はなかったので、ちょっと前までチャイキャンディーが入っていたどっしりしたガラス容器を花瓶がわりにしてもらっています。たくさん蕾がついているので、ちゃんと全部花開くといいな。そんな土曜日です。ごきげんよう

 

Odai「今日の花」

暖かくなったらしたいこと

寒くて今週は全然元気が出ない…

暖かくなったら、意味もなく公園散歩して、

スプリングコートと新しい靴で街を歩いて

庭園美術館に行ったりなんかして

ちょっと肌寒いのに外飲みしちゃったりして

春らしい野菜と果物、スイーツを食べて楽しく生きたいんだ〜

 

あと1ヶ月冬を乗り切るのだ、そんなこんなでごきげんよう

世界の解像度はインプット量に比例する

先日、「ジビエ料理屋」なるものに初めて行ってきました。

f:id:puch0o:20190120224400j:image

鹿・イノシシ・雉といった、日頃食べない天然の動物の肉を食べたのですが、想像以上にさっぱりしていて、いつも食べている豚や牛といった食用動物の遺伝子選抜がいかに長年行われてきたのだろう・・・と長年の畜産農家の方々の努力に遠い目をしてしまいました。とはいえジビエを今までそんなに食べたことがないので味の評価が難しく、私にとっては本当に「好きか嫌いか」でしか評価できない領域でした。

https://www.hotpepper.jp/strJ001110335

また、このお店のドリンクメニューに「罠 ハイボール」という飲み物があります。初訪問のお店だったので、店の名前がついた飲み物を頼んでみた・・・のですが何の味かわからない。なんとなくほんのり青梅の香りがするようなしないような・・・と思いつつネットで調べても原材料は秘密とのことでした。

f:id:puch0o:20190120225008j:image

(「アルテ」第6巻P93)

私が最近ハマっている「アルテ」という漫画があり、その中で料理好きの少女が「料理に出された原材料をすらすら当てる」というシーンがあります。こんな風に、自分も料理が好きならばきっとあてられるだろうに、自分はそんなに今まで料理の原材料の情報を身体にインプットさせてないのでわからないというもやっと感を抱えてしまいました。お店が秘密にしていることが嫌なのではなく、自分が摂取しているものの中身がわからない(=言われたとおりにしか情報を受け取れない)というのはなんだか不甲斐ないな、という気持ちです。

食べ物にしろ情報にしろ、今まで「違い」をインプットして分類できるようになった分しか人は理解できないのだ、と思うと、生きていくのをもっと面白く感じ楽しめるように、いろんなことを分類できる頭や考え方をしていきたいものです。そんなことを考えた週末でした。ごきげんよう

 

 

 

 

グラフィックレコーディング①「シュルレアリスムとは何か」

年末年始旅行で、マドリッドにあるソフィア王妃芸術センターに行ったら、たくさんシュルレアリスムっぽい絵が飾られていた。私のお目当はピカソの『ゲルニカ』だったので、「あれ??キュビズム??シュルレアリスム??」と、それぞれの潮流が気になったので積読だった本を読みました。途中からたくさん人が出てきて混乱してしまったので、かねがね挑戦してみたかったグラレコをしてみた…んですけど結構難しいですね。色の使い方、囲みの使い方、そもそも情報の配置、などなかなか反省点が多いですが気を強く持ってあげてみます…

なお、まだまだ読みかけの本なので随時追記 or 別記事でアップデートの予定です。

f:id:puch0o:20190118223716p:image

スペイン・モロッコ旅行④スペインで利用したSIM

本当は旅行記を進めたいのですが、あまりに毎日盛りだくさん過ぎて気合がいるので、まずは生活Tipsからまとめます。

今回の旅行で使用した通信機器

SIMフリーiPhoneSE

 iPad Pro(Wifiモデル)

旅行中の通信手段

スペイン:vodafone ES(tourist plan)

ロッコ:同行した友人がレンタルしたイモトWi-Fi&レストラン等のフリーWi-Fi

備忘

・この2国について

スペイン・モロッコは近い国なのに共通で使えるSIMがない(2018年12月調べ)。どちらにもOrangeという会社が展開しているようだが、別会社らしくどちらかでは国際ローミングになるらしい。また、複数国使えるSIMがAmazonなどで購入できるが、スペインとモロッコは別ゾーンとしてゾーニングされているため、このパターンも使えず。

バルセロナ空港のSIM事情

空港にあるのはvodafoneのお店のみ。事前に見ていた記事では、SIM+データ通信のみプラン購入が可能とのことだったが、touristプランしか選択肢になかった(ゴネれば違ったのかもしれない)。店員に「滞在期間は?」と聞かれ1週間程度、と答えると30分無料国際通話+10GBのプラン(€30)を選ぶよう言われ、そのままパスポートを渡すとよしなに設定してもらえる(英語は通じる)。一応プラン表を見せてもらったが、ミニマム金額が€30の私のプラン、それ以外はより高額だった。国際通話の無料分はアクティベートから1週間以内しか使えませんが、データ通信は2週間使えました。近隣国での国際ローミングもできるらしく(できるがこれも有効期限がある様子)、ポルトガルなどに行かれる方は調べていただくと良いかもしれません。ちなみにSMSが全部スペイン語で来るので何言ってるか分からず、毎回怖くて翻訳アプリに頼っていました。

反省点としては、SIMを急いで購入せずとも市内に出ても良かったのでは?というところ。結局空港→市内は空港バスを利用したため、Wi-Fiが利用できた。日曜日でも大通りの通信キャリアのお店は開いていたので、市内に出てから複数キャリアのプランを見比べても良かった。

なお、私が購入したSIMカードはSIMをアクティベートするためのPINコードが必要で、携帯を再起動するために入力が求められた。PINを入れなくても携帯の使用自体は可能なので、忘れた時用にPINコードが書かれた紙の写真をスマホで撮っておくとgood。

番号は使い回しらしく、知らない番号から電話はSMSが来がち。イギリスから電話かかってきたりしてびっくりした。WhatsAppも電話番号とアカウント紐付けるので、新しくアカウント作ったつもりが、知らない人からたくさんメッセージ来てて結構怖いです。

 

・モロッコの通信事情

フェズ空港INだったので、SIMカードの配布があるのか?と期待していたがなかった。空港やカフェ、宿にはWi-Fiがあるので基本的には困らない。CTMのターミナルも、大きいところであればWi-Fiがある。高速鉄道の駅と車内はWi-Fiがなくて残念。

地図を見たり、ポケモンGOをプレイしたりするとGPSにだいぶお世話になるが、モロッコは全体的にGPSが安定していなかった。(スペインでもアルヘシラス〜グラナダはあまりGPSがあてにならなかった…都会でないから?)メディナ内でGPSが馬鹿になると本当に迷子になるので、紙地図を持っている方がベター。

なお、スペインで買ったSIMをさしっぱなしにしていたのでOrangeの音声通話は国際電話で使えるようだった(使ってないが、電波は立っていた)。SMSも使える。データ通信は使えないので注意。正しく設定したら使えたのかもしれないがそこまでの力はありませんでした。

あと、レストランのメニューがフランス語版のみのお店が多々あり、Google翻訳アプリのカメラ機能が結構役立ちました。辞書を事前にインストールしておけばオフラインでも使えるので便利です。

 

通信事情はこんなところで。また思い出したら追記します。ごきげんよう