読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしさはやさしさ

社会人になりました

帰ることのできる場所

三連休、つかの間の帰省を終え帰りの新幹線に乗っています。

あんまり深くも計画もなく、突然帰ったけど、生きづらさから解放されて非常に良かった。里心とかじゃないように思うけど、こうやって帰る場所があるのは贅沢だな、って思った3日間だった。

実に当たり前のことなんだけど、他人はその人の人生を生きていて、そこでは他人となる自分について、知ってもらうのって簡単じゃないし、自分も逆に他人の人生を知るのって難しいなって思う。何を今更、って思われることは承知だけど、そんな他人と分かり合うのって大変。そもそも分かるのか、という話。わたしが最近感じていた生きづらさって、そのあたりにあるのかもしれないな。と考えるなどする最近です。

そんなことを思いながら、久しぶりに小説を読んでいる。人生あと50年くらいしたらどうせ終わるんだけど、その50年を生きるのがまあ大変なんだよな…という気持ち。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00LWZUCLO/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

ごきげんよう

居場所にはまるように最適化

三連休なので実家に帰ってきています。言いたいことを言わないでも察してもらえるし、何もしなくてもみんなが役割を果たしているし、居心地がよいなあと思う反面、この環境だから自分をアピールする必要もなかったんだなあ、という気がします。居場所に合わせた最適化。東京にいる間は視座を高めようと頑張ってるけど、関西に帰ってきたらだらけちゃう。無理してるのかもねどこかで。という気分です。ごきげんよう

居場所探し

あっという間に木曜日ですね。風邪を引いて最近死ぬほど大変だったなあ…と遠い日の記憶のように思っていたのですが、どうやら体調崩したのはちょうど先週だったようです。時間間隔が伸びたり縮んだりしていてえげつない。体調が戻りつつあるので、また身体に負荷をかけつつ働く日々を過ごしているのですが、なんだかしっくりこない。

ddnavi.com

読みまして。「この世界の片隅に」を見に行ったのは去年の年末だったのだけど、私がこの映画から読み取ったメッセージは「あなたの居場所は、どこですか」だった。もちろんこの記事の中で監督が話しているように、戦争によって変わっていく日々、その日々を過ごすうちに、家を守るというかたちで戦争に加担することとなった市井の人たち、というのも十分テーマだとは思う。けど、一人暮らしして、自分を無条件に守ってくれる存在なしで生きる今、私にとって「居場所」というのはすごく大きなテーマとなっている。小さなころにすれ違った人が自分を探して求婚してくれることもなく、毎日家事をしながら誰かを支えることもなく。会社は部活と違うから、無条件に受け入れることを願ってはならないのだろうな、なんて強がりながら、私の居場所は?と疑問に思う日々。周りで仕事をしている人が、自分のやりたいことをどんどん仕事にしているのを見ながらすごいな、って思うけど、果たして自分がそれをやりたいようには何だか思えないし、だからといって他に私ができることがあるようにも何だか思えないし。ああ、いっそ何かの職人になって住み込みで働きたくなるような、なんだかしょぼくれる日々である。でも明日は金曜日だから、花金にするぞ〜、という気持ち。ごきげんよう

部屋の片づけ

友人が泊まりに来て、信じられないくらい汚かった部屋を一緒に片付けてくれた。感謝である…ともだちが自分の最悪な姿を見ても変わらず友だちでいてくれる、というのは素敵なことだと思った。ありがとう!という気持ち。

明日も木曜、お仕事です。がんばろ。ごきげんよう

オウチスキー

火曜日ですね。三寒四温、で春らしくなってきたなと思っていたのに、また急に冬に引っ張られるような気候でしょんぼりです。湿度があがると髪の毛のくせ毛がくりくり度を増すのが雨の日の数少ない楽しみです。

おっしゃるとおりだな…という気持ち。

 お腹空いてご飯食べるのがめんどくさくなって食べない→動くのが面倒になる・やる気がでなくなる→より何もしない→無限ループ。風邪も落ち着いてきたけど、なんだかどこに向かうか分からなくなってきてちょっと一息つきたい気分です。あと2週間くらい忙しいけど…頑張って走り抜けよう…そんな気持ちです。ごきげんよう

意図的な笑いって難しい

月曜日です。風邪も落ち着いてきたので出社。夜は、会社を退職してしまう先輩の送別会な飲み会でした。「何か面白いこと考えて」と言われて、先輩とコントをねりねりしたのですが見事に滑りブルーな気分です。意図的な面白さって難しい…

って思いながら帰っていたら、Twitterで見かけた。

 本当に同感。「面白さ」って、当たり前が当たり前じゃなくなったときに生まれるものだと思っている。なので、その場に共通する「当たり前」をうまく掬って、当たり前から少しずらしてあげる。すると面白さが生まれるらしい。というのは感覚で分かるのだけど、なんだか完全に「共通概念」というものを拾うことが苦手らしいのでどうしようもない。練習したら笑いもとれるようになるのかな〜でもそれまでに失敗(スベる)があるのやだな・・・と思ってびびる。

とりあえず一山越えたので今日は寝ます。おやすみなさい、ごきげんよう

季節の変わり目、体力の切れ目

今年の冬はあまり体調も崩さなかったな!と思ってたら、一発でかいのやらかしました。インフルではなかったけれど、数日ずっとじわじわ体調が悪くてつらい~。基本的に、病院でもらった薬を飲みきる前に復活するのですが、今回はちょうどかむしろ長引くくらい…

風邪をひくと難しいことが考えられなくなるのですが、この土日はそのボンヤリした頭で「面白いことを考える」という謎のミッションがあり、知恵熱が出そうな気分です。「周りを面白くする」ことから無縁で生きてきたな~と思う。そんでしょぼくれた気持ちになるなど。日曜日、早く寝て明日からのウィークデーも頑張りましょう~ごきげんよう