読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしさはやさしさ

社会人になりました

【読了】劇画ヒットラー

TOEFLに向けて教養(?)を勉強していて、ナチス・ドイツについての理解の薄さに我ながらおののいてしまったので、関連書籍を読んでいます。歴史的事象として、「いつ」「なにが」起こったかは知っていても、どうしてそれが起こってしまったのか、背景に何があったのか全然知らない。ただ、無知すぎてどこから手を付けたら良いのか分からない。

ということで、まずは取っ付きやすい漫画から入ってみました。 

劇画ヒットラー (ちくま文庫)

劇画ヒットラー (ちくま文庫)

 

 実は人生で初めて水木しげるの漫画を読みました。絵のタッチになかなか慣れない…

ヒットラーの人生を描写したものなので、これを読んだだけで世界大戦下のドイツ国民の心の動きは分からないし、ホロコーストの状況が分かるわけではありません。ただ、一度転がりだした石が止められなくなった様子が感じられました。同じ惨状を繰り返さないために私たちはなにができるのか?探究していきたいものです。