おいしさはやさしさ

社会人3年目

US・ニューヨーク #2 自由の女神

ニューヨーク滞在記その2です。

観光する時間も暇もあまりない滞在期間だったので、せめても・・・と思い自由の女神を見てきました。私のような弾丸トラベラー向きの情報があまりなく情報入手に困ったので備忘録として自由の女神訪問記を残しておきます。

f:id:puch0o:20180919003547j:plain

Battery Parkの船着き場でフェリーから見た自由の女神。見えない(笑)



自由の女神の見方

せっかくのニューヨーク、お金を払うのは厭わない!という前提だと、自由の女神を見る方法は2つあります。

  1. Statue Cruises(スタチュークルーズ)
  2. Circle Line Cruises(サークルラインクルーズ)

他にも各種公園や展望台から見る方法、公共のフェリーから見る方法がありますが、メインの見方はこの2つになるでしょう。といっても違いが分かりにくいので、それぞれ特徴をまとめると、下記のようになります(※この違いがWeb上の記事でどこにもまとまっておらず、情報収集に大変苦労しました)。

Statue Cruises
  • リバティ島自由の女神がある島)、エリス島(アメリカ移民局が置かれていた島)に上陸できる
  • 大人一人$18で乗れる。シティパスの使用も可能。
  • 一周約1時間。それぞれの島で5~10分ほど停泊する。
  • 朝早く(AM8:30)から20~30分置きに便がある。
  • フェリー乗り場の最寄り駅はBattery Park(バッテリーパーク)駅、またはBowling Green(ボウリング・グリーン)駅。駅降りてすぐ乗り場。

→分かりやすいサイトはこちら

Circle Line Cruises(Libety Cruise)
  • 様々なCruiseがあり、そのうち1つがLiberty Line。ハドソン川をクルージングし、自由の女神まで見に行くことができる。
  • 所要時間約1時間。乗ったら乗りっぱなし。
  • 午前午後それぞれ2(時期によっては3)便のみ。
  • 大人一人$30。
  • フェリー乗り場の最寄り駅はTimes Square-42nd駅、またはPort Authority Bus Terminal駅。駅降りてから15分程度乗り場まで歩く。

→分かりやすいサイトはこちら

違いはざっくりこんな感じなので、それぞれの最新情報については適宜お調べください。

いざ自由の女神

午後イチに日本に発つ飛行機に乗るため、ホテルに10時までに戻る必要があり、選択の余地なくLiberty Cruisesで自由の女神見学に向かいました。事前情報だとやたら「行列」という文字を多く見かけたので、チケット販売開始の8時よりだいぶ早く到着した(7:30頃)ところ、まだチケット売り場は空いておらず、近くのスタバで朝ごはんを食べて待機しました(全然カフェオレが出てこなくてヤキモキした)(名前呼ばれたから伝えたのに相変わらずちゃんと聞き取ってもらえない)。ネットでチケットの予約もできるようなので、不安な方は事前に予約をして当日は引き換えのみ、というのがベストな選択なのではないでしょうか。

前述の写真のとおりハリケーン来襲の結果、圧倒的にお天気の調子は悪かったのですが、なんとか雨には濡れず自由の女神が拝めました。

f:id:puch0o:20180919004450j:plain

自由の女神と、向こうに見えるのはウォールストリート。思ったより半分くらい台。

自由の女神を見るだけ見て、リバティ島でもエリス島でも下船せずにきっちり1時間でマンハッタン島に戻ってきました。停泊時間は5~10分ほどあるので、地面に足をつける事自体は可能だったのですが…帰国できないかもしれないというリスクが大きく断念…次来たらぜっっっっっったいどちらも上陸して隅々まで見てやる。特にエリス島は、アメリカという移民の国の歴史を考えるにあたって絶対に外せない場所なので、次にニューヨークに来ることがあれば最初に訪れたいなと思っています。

f:id:puch0o:20180919004825j:plain

エリス島の元移民局。なんだかアメリカらしくない建物の外観。

以上、駆け足で巡った自由の女神見学の思い出でした。

自由の女神は見に行くことがゴールだったので特に感想はありません。強いて言うならば、女神はなんともいえない表情をしているな…と思いました。彼女は今の世界を見て「自由」についてどう思っているのでしょうか。

ごきげんよう