おいしさはやさしさ

社会人になりました

はたらく

人が働くってどういうことなんだろう、って最近思っている。もし、お金持ちのニートになれるなら、日々働かずに過ごすのかもしれない。でも、自分が生きた証を残すために、それでも働くのかもしれない。

f:id:puch0o:20170410235020j:plain

2016年3月、ペルーはプーノ。ウロス島など観光資源はあるものの、ペルー国内の地方都市であるプーノの失業率は高い。地元のお店や、観光業以外の人は仕事がなく、都会に出てしまうことも少なくないとのこと。そんな淀んだ空気の、若干治安の悪そうなプーノで、人が集まっていたのがこの一角。人々は張り紙を見ながら佇んでいます。その張り紙、ちゃんと見るとこのようなもの。

f:id:puch0o:20170410235437j:plain

そう、求人一覧です。この街で住みながら、仕事を持っていない人。生きていくためにお金を稼ぐ手段も、自分が生きていく役割もない。そんな状態でぼんやりとこの求人を見つめている。何を思っているのか、当事者でない、言葉も背景も分からない私には分かり切ることはできません。でも、言いようのない侘しさや、せっぱつまった感じや、生き辛い気持ちが彼らの背中から漂っている。この街角を通ったのはほんの1分に満たない出来事でしたが、心に深く残っています。人材系の会社で働く私がしているお仕事って、突き詰めるとこういう世界につながるのです。

自分が働く意味も日々見失いがちですが、そんな自分の仕事が、こうやって仕事を探している人の一つ一つの決断を支えるべきであること、忘れずにいたいな、とふと思いました。まだ月曜なんですね。明日から寒くなるようですが体調に気をつけましょう。ごきげんよう