おいしさはやさしさ

社会人になりました

帰ることのできる場所

三連休、つかの間の帰省を終え帰りの新幹線に乗っています。

あんまり深くも計画もなく、突然帰ったけど、生きづらさから解放されて非常に良かった。里心とかじゃないように思うけど、こうやって帰る場所があるのは贅沢だな、って思った3日間だった。

実に当たり前のことなんだけど、他人はその人の人生を生きていて、そこでは他人となる自分について、知ってもらうのって簡単じゃないし、自分も逆に他人の人生を知るのって難しいなって思う。何を今更、って思われることは承知だけど、そんな他人と分かり合うのって大変。そもそも分かるのか、という話。わたしが最近感じていた生きづらさって、そのあたりにあるのかもしれないな。と考えるなどする最近です。

そんなことを思いながら、久しぶりに小説を読んでいる。人生あと50年くらいしたらどうせ終わるんだけど、その50年を生きるのがまあ大変なんだよな…という気持ち。

https://www.amazon.co.jp/dp/B00LWZUCLO/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

ごきげんよう