おいしさはやさしさ

社会人になりました

ホタルイカで春を思い出すはなし

数日ぶりに暖かくなったと思ったら、花粉は猛威をふるいはじめるし(くしゃみと涙が止まらない)、急に仲の良い先輩が退職するっていう話を聞いてしまうし、春ですね。

小さい頃から新しい物好きの私は、新しい出会いもあるし色んな新品が手に入る春が大好きでした。中1まで「春=ステキなもの」と信じてやまなかったのに、中2になって最初の国語の授業で、世の中みんながみんな、春になると幸せになるわけではないらしいと聞いて割に衝撃を受けました。

詩「春に」

春ってエネルギーを与えてくれるけど、それが必ずしもプラスのエネルギーではなく、悲しみや寂しさなどマイナスの方向にも向かっているのでは、というのが当時の国語の先生のお話でした。未だに全て飲み込みきれているわけではないものの、「自分と人が同じものを見て違う感性を持ちうる」ということは20数年かけてようやく、じわじわ分かってきているような気もします。どうしても、自分のなかに存在する「ある程度想像の範囲内に収まる他人のパターン」をもとに他人を見たり自分の動きを見たりしがちで、そこから脱却したいなというのが最近仕事をしながら思う。毎日帰宅後にブログを書いているせいでこういう内省的なことばかり書いててバリエーションがないなあ自分・・・とりあえず、身体の調子的にも精神的にも冴えない気持ちになりつつ、これが春の訪れに感じられている自分の受け取り方の変化に、興味深さを感じているところです。

 

完全に話は変わるのですが、先週いっぱいイカが食べたくて食べたくてどうしようもない衝動にかられてしまい、週末に普段と違うスーパーまで遠征しました(最寄りのスーパーは海鮮系のラインナップが貧弱…)。そして見つけてしまったのですホタルイカ。一昨年も思っていたのですが、東京で売られているホタルイカって小さくないですか、私の地元(兵庫県)では物価のせいか立地のせいか、もっと安くたくさん大粒のものが手に入るのですが…など小言をいいつつ買って食べちゃいましたホタルイカ。こうやって季節を感じる食材が割と好きです。春は少しエグみのあるものを食べて身体の毒素を出すんだよ、という教えのもと、幼少期から春はつくし採集に駆り出されていました。ああ〜菜の花の辛子和えとか食べたい気分になってきた。そんなことを思っていたら、ベタに春を感じる曲が聞きたくなりました。

www.youtube.com

 

そしてそして。私と同じく、はせさんにブログで言及してもらった話をさきほど読んで「良いな〜」と思いました。袖振り合うも多少の縁かしら、と思って紹介します。わたしも自分が書いたものについての感想を読んで、ほんのり温かい気持ちになったし、サムネイルに表示されている「桜色」の気持ちってすごく分かる。小さな瓶、っていう表現もすてき。こうやって水平に世界が広がっていくのがインターネットの面白いところ(って最近読んだ本 / インターネット的 (PHP文庫) に書いてあった、私もそうおもう)!ミスチルの「彩り」みたいにまわりまわるのですね。ちなみに私の場合、はせさんのブログを読んでいるとなんだか自己肯定感をもらえるし、同時に他人のことをもっと大切にできるひとになりたいとも思う〜

majyonan.hatenadiary.com

 

さて、ご飯も炊きあがったので昨日作ったイカ大根を食べようと思います。今日もだらだら書いてしまった。明日はお天気になるとよいですね、ごきげんよう