おいしさはやさしさ

社会人になりました

2016年を振り返る(映画編)

年の瀬ですね。

今年は例年に比べてよく映画館に行った気がするので振り返ってみます。

 オデッセイ

アメリカ行きの飛行機の中で見たらとても精神状態に良くなかった…無事に飛行機が到着したときはすごく安心しました。ジャガイモの映画と聞いていたけど、本当にジャガイモの映画だった。映画好きな人・音楽に詳しい人が見ると面白いらしいけど、面白さがよく分からず…

Our Brand is Crisis

これはボリビアから帰るときの飛行機で見た映画。映画中の風景を見ながら「そうそう、ラパスこんな感じだったわー!」と思った。どこまで事実でどこからフィクションか分からないけど、選挙の裏ってこんな感じなのかと興味深かった。南米旅行中に会ったアメリカ人の人は「Trump? No way!!」って言ってたあの頃。Brexitもあったし、ここしばらくは東アフリカも選挙続きだし、民主主義の仕組みについてもう少し知りたい気分です。

 ズートピア

話として面白かったし、勇気を貰える映画だった。ジュディが都会に出てくるシーンのTry Everythingは自分が上京するときに新幹線に乗っていたときを思い出すし、映画のなかの世界は本当に外国に行ったときのことを思い出す。モンゴロイドが人種として弱いなあ!というのは旅行に行く度に思う。体格も体力も存在感も。ただ、モンゴロイドとして生まれた事実は変わらないし、日頃生きる分には特に何も思わないんだよな〜〜〜いかにもディズニーらしいお話だったけど面白かった。あとニックかっこいいな!

ズートピア (字幕版)

ズートピア (字幕版)

 
帰ってきたヒトラー

こんなセンセーショナルな映画を6人くらいで連れ立って見に行った笑 集団を動かすとか世論とか気になるのです最近。ただ知ろうとしないと当時なにがあったのか知ることもないんだなとも思う。ドイツ人だと他人事だとして見られない映画なんだろうな… 

帰ってきたヒトラー コレクターズ・エディション [DVD]
 
 
オマールの壁

目に見えない宗教が目に見えるパレスチナ…自分の日常がこんな日々になる人生もあり得たわけで…いつか行ってみたい…余談ですが初めてアップリンクに行った。こんなニッチな映画館もあるのですね(うちにもポエングほしい)

オマールの壁 [DVD]

オマールの壁 [DVD]

 

 

シンゴジラ

ミーハーなので見に行った。会社がゴジラに破壊されていました。エヴァンゲリオンみたことないので見たくなった(といいつつはや半年)

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

 
 君の名は。

ミーハーなので見に行った(再)。冷静になると話は意味分かんないけど意外な展開で面白かった。新海誠作品とは…と思って「言の葉の庭」も見たけど、絵以外はヒットしなかったのであった…

君の名は。(通常盤)

君の名は。(通常盤)

 
この世界の片隅に 

ミーハーなので(三度目)。めっちゃ期待して行ってしまったので、「?」という感じだったけど、あとで漫画読んだらじわじわ響いた。「居場所」を問い続けているお話だったという理解をしています。

この作品もだけど、オマールの壁といい、帰ってきたヒトラーといい、「本人の意に関わらず世界が変わっていく」様子が気になって いるのかもしれないなあ。

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック

 

 

ローグワン

スター・ウォーズもミーハーなので見に行った。普通にSWで面白かった!ただ、ちゃんと「スピンオフ」だと思って見に行くのが良いかもな〜このシリーズを映画館で観たい理由に、「スター・ウォーズのテーマ」 を映画館の大音量で聞きたいというのがある。今回も最後に満足しました。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー  オリジナル・サウンドトラック

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー オリジナル・サウンドトラック

 

 

忘れている映画もありそうだけど、今年はこんな感じだったな〜

自分が映画を見に行って思うのは、関西の人より東京の人の方が「話題の映画」を見ている率が高い気がすること。私の知り合いが、関西だと学生に、東京だと社会人に寄ってることもあるかもしれないけど…単純に映画館の数も東京の方が多いしね。だからといって何な訳ではありませんが、感想でした。

個人的に映画は一人で見に行くことが多かったので、今年はちょくちょく人と見に行くことがあったのも新鮮でした。社交的モードな自分だと映画見終わったらすぐペラペラ喋ってしまって感想を頑張って言語化してしまうので、なんかちょっとそういうのやめたいなと思っています。