読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おいしさはやさしさ

社会人になりました

話し言葉で気分がわかる

自己紹介のたび「関西出身です」「やっぱり?」というやり取りばかりだったのに、ついに「え、そうなんですか?」と言われてしまった。標準語ネイティブじゃないからこそ、標準語は私にとって仮言葉。今までの自分を出さずにコミュニケーションするツール。上京して、はじめは関西弁しかはなせなかったけど、気がついたら標準語ばかり話していた。たまに関西出身の同期と話して関西弁が出ると、不必要に自分を出している気がして違和感を感じた。学生のころの友だちと話して関西弁な分には違和感はなく。なので、私のなかでは関西弁以前・以後、がターニングポイントとなっている説。今後、要観察。