おいしさはやさしさ

社会人になりました

休学生活9ヶ月目

気がついたら年の瀬も迫り、休学して8ヶ月が過ぎ去ってしまいました。

もともと休学生活について何も予定がなく始めてしまったのですが、

いろいろ忙しいふりをしているうちに残り4ヶ月で関西に舞い戻ります。

うれしいような淋しいような気分です。

 

 

ここまでの概要

4月:オノボリさん的生活。または、ひたすら寝る。

5月:帰省#1。夏休みの海外逃避を心に決める。

6月:インターン開始。1週間、東北ボランティアへ。

7月:人生で初めて髪を染める。帰省#2。

8月:ルワンダで毎日新鮮な日々を過ごす。夏バテと無縁な生活。

9月:雨期の訪れと共にルワンダを離れる。逆カルチャーショックの日々。

10月:帰省#3。インターンが週4になる。語学ブーム。

11月:弟が帰宅。いろんな友だちが泊まりに来る。

12月:→イマココ!

 

Twitterをもとに、11月の振り返り

・友だちが泊まりにくる

毎週のように友だちがうちに泊まりにきてくれました。

 友だちについていくという名目で、まだ行ってなかったお店に行ってみたりもした。

 

・地元開拓

 

 

三鷹の森ジブリ美術館に行く

なぜか私が行く日に限って雨が降りましたが、行けてよかったです。

ミーハーだから絵葉書買い込んでしまった。

 

・アフリカご飯の会

夏休み、わたしと同様、東アフリカ(ウガンダ)に行った同期とアフリカ料理。

ナイジェリア料理は東アフリカとはまた大きく違っていました。

 

・スプツニ子!さん講演会

Facebookでイベントのお知らせを見て、ふらりと訪問。

デザインで既成概念を揺らすことで、現実世界を変える、というのがひとつの目的。

あとは、「発信することに恐れを抱かない」こと。

 

フジファブリック武道館

高校〜大学時代の多感な時期に一番良く聞いたバンドの初の単独武道館ライブ。

感慨深い…

 

・『写ルンです』ブーム

休学期間はアナログを極めてみようと思います。

 

・中高の同窓会

高校1年生のときに来ていた留学生と遊びに行ったり、中高の同窓会に行ったり。

 

読んでいた本

 いま思い当たる本たち。

インターネット的 (PHP文庫)

インターネット的 (PHP文庫)

 

購入日がたまたま糸井さんの誕生日でした。

友だちはこの本を読んで私を思い出したらしい。

 

「10年後の自分」を考える技術 (星海社新書)

「10年後の自分」を考える技術 (星海社新書)

 

今年の自分の行き当たりばったりな行動が、この本に説明されている気がする。

 

アメリ

アメリ

 

映画まだちゃんと見たことないけど、こんないたずらっ子に私もなりたい。 

 

隣人が殺人者に変わる時―ルワンダ・ジェノサイド生存者たちの証言

隣人が殺人者に変わる時―ルワンダ・ジェノサイド生存者たちの証言

 

 

霊長類ヒト科動物図鑑 (文春文庫)

霊長類ヒト科動物図鑑 (文春文庫)

 

 

 タイトルに反応して、こんな漫画も読んだ。

SOIL 1 (Beam comix)

SOIL 1 (Beam comix)

 

 タイトルから、ほのぼのした漫画かと思ったらだいぶハードな漫画だった。

 

 

いろいろ考えていたこと

・先進国と発展途上国の境目

・東京から関西に戻れるのかどうか

・日本人が英語を勉強する意味

・働く、ということ(この1年のテーマ)

セレンディピティ

 

頑張って振り返ってみた。なかなか面白いですね。

12月も寒さに負けずに頑張るぞ〜